内臓のクリアリングで目の疲れがスッキリ!目と内臓って関係あるの?!

効果
この記事は約3分で読めます。

量子場調整がスピリチュアルなヒーリングと決定的に違うのは、体を整えることができること。

そもそも、私が量子場調整と出会ったのは、姿勢矯正や首の痛み、顎の歪みを直したかったことがきっかけでした。

骨の位置の調整もとても効果を感じていますが、特にクライアントさんの変化が大きかったのはアトピーでお悩みの方の症例でした。(感じられる効果には個人差があります)

アトピー性皮膚炎にステロイド薬を使わず症状を軽減したい
今日は実際の施術例をご紹介します。 【症例】アトピー性皮膚炎でお悩みの場合 量子場調整のクライアントさんは、様々な動機でご依頼いただきますが、アトピー性皮膚炎でお悩みの方もいらっしゃいます。 アトピーは大人になってから発症される方...

最近とても効果を感じたのが内臓細胞のクリアリング(内臓細胞の浄化)です!

量子は目に見えない(単にとても小さいだけで、あるけど見えてないという意味)ものなので、臓器の細胞という直接触れることができないレベルでもアプローチすることができます。

効果を感じたのは目の疲れに対して。

臓器と関係なさそうですが、そこが面白いところです。

私は仕事でパソコンを使うことが多いので(このHPの他にブログ1つと2つのHPを運営しています)

集中してパソコンで記事を書くときやデータ分析をする時、文章を読むことが長時間になると、目が疲れるのですが、目というより目の奥が疲れるのです。

多少ぼやける時は、自律神経のポイントを調整することで、焦点がピタッとあうということはありますが、目の奥の疲れは休憩してもなかなか取れず、何か良い方法はないかと思っていました。

もう寝るしかない!とも思っていましたが、しょっちゅう寝るわけにもいかず・・・。

そこで最近やってみたのが「目の奥が疲れる時」の体の状態を量子的に観察してみること。

思いっきり体の右半分が重くなる。体の右側・・・。

肝臓??

▼肝臓は体の右にあります。

 

 

 

 

 

そこで目の奥が疲れる時の「肝臓」を量子的に観察してみました。

そうするとさらに激しく反応が出る。

肝臓!!

肝臓の細胞をクリアーにする技術を使ってみました。

そうすると、1〜2秒でスーッと目の奥の疲れが取れて視界が明るくなりスッキリ☆

肝臓さん・・・沈黙の臓器と言われますが、疲れていたんですね・・・。

肝臓は五行では目とも繋がっていると言われています。

また肝臓は「怒り」の感情に対応しますが、「頑張りすぎる」時にも負担がかかっています。

▼1番人気の記事!

姿勢で性格の傾向がわかる〜五行と性格 臓器 感情の関係〜
東洋医学において中国の五行説の5元素は内臓と感情が関係していると言われています。そこから、姿勢で性格の傾向まで知ることができます。量子場調整では、その原理を応用し、感情や臓器、身体の状態まで整える効果が期待できます。

 

同じ目でも自律神経のバランスを整える必要がある時や内臓(感情やストレス)の疲れをクリアーにすることで症状が和らぐこともあるんですね。(個々の事例によりますので、個人差があります。)

同じ目の疲れ、と言ってもパターンで対応するのではなく、個々の状態を正確に観察することで、その場に応じて臨機応変に調整することができることも量子場調整の特徴の1つです。

量子場調整とは?
【量子場調整 大阪 京都】 量子場調整とは、量子の特性を生かし直接身体に触れることなく、骨格・筋肉・細胞・潜在意識まで整えることができ、遠隔でも対面と同じ効果が期待できます。姿勢矯正、噛み合わせ、肩こり、自律神経、アトピー性皮膚炎などの身体的効果が期待されるのみならず、過去のトラウマ解消など心理効果も期待できます。

 

タイトルとURLをコピーしました